地元の渓流でウェットフライ

2016.08.06(Sat)

堰堤下、大淵などの一級ポイントは大物が入っている確率が高い。
しかし、こういう場所に隠れている魚はドライに対し警戒心が入っているのか中々出てきてくれない。
仮に興味を抱き近くまで寄ってくるもフライを一瞥して戻っていくなど、その警戒心は相当なもの。
前回の大イワナもそうだが、大物になればなる程、その傾向が強くなる気がする。
ならばウェットフライで積極的に沈めてみるのもいいかなと。

今日は餌師が多い。瀬や淵、各堰堤下、反応が非常に薄いです。前回反応のあったポイントもほとんど潰された感じだ。かなり抜かれたのだろう。
P8070200.jpg
某堰堤下、積極的にウェットフライを流し込むとやっとイワナが反応してきた。

P8060199.jpg
程なくしてヤマメも。

しかし場荒れが激しすぎる。
イブニングが迫ってきたので淵や堰堤下のみウェットで探り、その他のポイントは捨てる事にした。
若干の減水、少しでも深くなっているポイントを見つけてはフライを打ち込み底に送り込む。
流れていくラインがいきなり止まり程なくしてロッドにブルブルと振動が伝わってきた。

P8060188.jpg
オレンジコーチマンで仕留めた32センチ!

う~む、感無量・・・。
スポンサーサイト

地元の渓流

2016.07.31(Sun)

暑いですね~。
涼釣っていうのか、涼しいところで釣りしたいね~。
P7300164.jpg
梅雨明け夏本番、涼を求めて丹沢の某渓流へ入りました。
この川、大分餌師に叩かれているのか良さそうなポイントからは全く出ず、竿抜けを狙うも反応は薄い。
それでも魚信は忘れた頃にやってくる。

P7300165.jpg
小場所に見合うサイズは7寸位かな。

拾うポイントと捨てるポイントを考えながらとんとん拍子で釣り上がっていくと・・・。
おおおおおおぅぅぅ、淵からいきなりの訪問者、38センチ!
P7300163.jpg
浮かせたフライには見向きもしなかったが沈ませた状態だと反応してきた。
ドライとウェットの境界線、何かと色々考えさせられる。

某堰堤、幾つかの流れの筋に沿って隈なく流し込む。
程なくして消えるフライ。
条件反射的に合わせると・・・。
P7310182.jpg
Oh!
32㎝のイワナ君♪♪

その遥か先の堰堤、落ち込みを幾つか隔てた右側、これまたデカイのが様子見に近寄ってくる。
目視で40㎝ほどあろうか。
若干警戒心が入っているのかフライをガッチリ咥え込んでくれないので合わせられない・・・。
早合わせだけは厳禁!

P7300168.jpg
反応の無くなった大物は諦めその落ち込みの左側をしつこく流し込む。
素早く反応してきたのは28㎝のヤマメ君でした。

今日のおまけ。
本命です!
P7310172.jpg

P7310178.jpg

何だかんだでやっぱ地元がええやん。

地元の渓流

2016.07.24(Sun)

空梅雨、どこも渇水ですねぇ・・・。
久々の地元丹沢の源流は水量もそこそこ良い感じです。
イブニング狙いで行くとまあまあ楽しめますね。

P7230148.jpg
7~8寸が平均サイズ。

P7230146.jpg
ヤマメとイワナが混生している川なので面白い。

P7230142.jpg
放流物もちらほらと混じります。

P7240150.jpg
う~む、淵から一発31㎝。

P7240153.jpg
楽しませてくれました。

中津川(6月12日)

2016.06.12(Sun)

P6120136.jpg
数週間ぶりの中津川。
久しぶりに来てみたらライズ待ちフライマンが誰もいねえ(笑)
どうなってるのかと地元の知り合いに聞いたら叩かれ叩かれついにはライズが全く無くなったと^_^;
で釣れないもんだから東北だぁ北陸だぁと地方の渓流に散らばっていったらしい。
一つのプールに10人以上ひしめきあってフライ投げてりゃそりゃスレッカラシになるわねぇ^_^;

まあ私はそんな混雑が嫌で暫く遠ざかっていた訳ですが、誰も釣り人が入っていないとなりゃまたとないチャンス。
シメシメですがな。

2本の瀬をウェットで攻めてみました。
最初の瀬、アタリ3回で全てフックアウト。当たった時の感触ではちょっとサイズが小さすぎるか。

もう一本の瀬では・・・。
「ゴンッ」と豪快に当たってきた。
P6120135.jpg
結構引いたし、こりゃひょっとしてと思ったが。
ん~む、泣く尺・・・。

でも良い型が釣れる条件の一つは釣り人の少ない事。
これ当たり前のようだけど結構重要なんですよね。
管理釣り場の様な混雑は良くない。

桂川釣行(6月4日)

2016.06.05(Sun)

数年ぶりの桂川本流。
押しの強い渓相はウェットフライ向きでもある。
放流量は申し分なく、まずボウズとは無縁の川だと思います・・・。

P6040123.jpg
某堰堤付近の瀬を狙えばこの通り。
やる気のある奴はイブニングなど関係ないみたい。

釣り人の入ってない箇所を探しまわりとあるポイントへ。
P6040119.jpg
ニジマスも押しの強い瀬の底から出てきました。
同じ流れでもアプローチを変えたりドラッグを掛けたりしつこく探ってみるのも効果的。

P6040117.jpg
来た~
33センチ、尺上サイズ!
それほど深くない速瀬からドンッとひったくる様な猛烈なアタリ方。
イブニングにか出てこない様なサイズが真昼間に釣れるなんて爽快だね。

P6040115.jpg

P6040116.jpg
丸々太ったヒレピンでした。

P6040132.jpg
イブニングは人気のある某ポイントへ。
当たり外れの激しいポイントなんだけど、今回はスイッチが入ったみたい。
25㎝クラスがたて続けに5匹。

これから梅雨シーズン。
増水で鱒たちも移動しやすくなるでしょう。
その時が大物狙いのチャンスかな。

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

TAN

Author:TAN
関東のフライフィッシング釣行記です。神奈川、山梨、伊豆などフラフラブラブラと。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。