FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | EDIT

満水の松川湖

2006.11.14(Tue)

Dsc02427.jpg

12日の松川湖。やっと満水です。風速は約1m、大雨による濁りも多少は薄まったけど、水温がかなり下がった様子です。

7時頃に釣り始めましたがコンディションは最悪。左よりの流れ込み付近でルアーが多少釣れていた模様。フライは1匹でも釣れれば良いほうですね。ただ、唯一、朝マズメだけ反応は良かったようですが。
スポンサーサイト

秋の本栖湖

2006.11.05(Sun)

Dsc02420.jpg

1年ぶりに秋の本栖湖に行ってきました。湖でのウェーディングによるフライフィッシングも久しぶりです。天気は曇りのち晴れ、日中は運動すると汗ばむほどの気温だけど、朝一や夕暮れともなると急激に冷え込みます。秋の深まる季節、山中湖付近の深夜の気温は3度ほど、本格的な厳しい寒さが到来する前に本栖湖で紅葉を楽しみながら釣りです。と言っても、まだ緑が多く、紅葉が深まるまではまだ数週間必要のようです。本栖湖特有の強風はというと、上の写真のように残念ながらほとんど微風か無風、一時強風が吹き荒れますが圧倒的な変化がほとんどありません。

Dsc02419.jpg
Dsc02413.jpg

川尻
本栖湖で最も遠浅のポイント、ごらんのようにかなり遠浅になっており、かけ上がりぎりぎりまでウェーディングでき、バックもさほど上がってなく気持ちよくキャスティングできます。ほとんどこのポイントで無心に振っていましたが、風がほとんど無く、永遠に鱒が回遊してこないかのような沈黙の空気が漂っていました。反応はまるっきり無し。他のFFM、ルアーマンにも釣れている様子ありません。途中で声をかけてくれた漁協員らしき人??も、やはり風が無いのが痛く、それでも、その内回遊してくるのではないかと言っていたが、結局フックに触ることもありません。他にだ~れも釣れない。無心のキャスティングにより、一日中、振り通しです。久しぶりの本気モードだったなぁ。(^^)

Dsc02415.jpg

長崎の岬から川尻までの区間は急な急深になっている。バックはあまり取れません。7mカットしたタイプⅣで急深を狙ってみましたがここも反応はありませんでした。とにかく風がほとんどありません。

Dsc02418.jpg

鮮やかな紅葉にはもう少し時間がかかりそうです。天気もほとんど曇り、朝方には霧掛かっていました。もちろん富士山の雄姿を見ることもできません。

Dsc02421.jpg

今回使ったタックルはKS SS 9108F、SU 78 ラインはDST-8-S Type I / II 12mカット。
川尻だけ12mカット使用可能です。他のポイントではバックが上がっているので9mが標準。ただ遠浅のポイントでも12mカットでは結構苦労します。これで強風が吹き荒れていたら、さらに苦労する筈。それ以外、有効的にポイントを狙いたければボートが必要になるのでしょう。このような湖の立ちこみではダブルハンドの有効性を再認識させられますね。9メートルヘッドでは30mほどが限界、ダブルハンだとその限界を克服できますし、風に強い点や、後ろが徐々に上がる立ち込みなどではラインを高い地点でキープできますから水面を叩く事がありません。本栖湖ではダブルハンドが人気がある理由が分かる気がします。
しかし、ダブルはダブルでもスペイが非常に多いですね。これも流行なんでしょうか。バックが思いっきり取れる場所でのスペイも多々見かけららます。オーバーヘッドで投げている人はいませんでした。

今回から釣行日記もこちらに書き込むことにします。

カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

TAN

Author:TAN
関東のフライフィッシング釣行記です。神奈川、山梨、伊豆などフラフラブラブラと。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。